飲んだ次の日のむくみ対策!出勤前にやるべきこと!

水を飲む

飲み過ぎた次の日の朝は、

むくみや二日酔いになってしまいます。

 

それは、アルコールを飲むと利尿作用で
体内の水分が失われるからです。

 

お酒を飲んだ分だけ同時に同じくらいのお水やお茶を飲むと良いと言われますが、飲みの席でそんなことができるわけ
ないですよね。

 

次の日は、顔がパンパンとなってしまうわけです。
むくんでいるからといって水分を控えるのは逆効果です。
とにかく水分をとり、尿として排泄するようにします。

 

では、何を飲むかといいますと水よりもお茶の方が効果的です。
お茶でもルイボスティーやどくだみ茶などが利尿作用が高いと言われます。

 

また、二日酔いの朝は柿がいいと言われています。
柿は、カリウムが豊富で利尿作用の高い果物です。

 

ただ、柿は1年中手に入らないのが難点です。

 

その他には、時間があれば朝風呂に入ってたっぷり汗をかきましょう。
汗と尿でドンドン排泄すれば軽くなります。

 

さらに、湯船につかった時に、温かいタオルと冷たいタオルを交互にあてます。
血液の循環を促すことで顔のむくみやまぶたのむくみを軽減することができます。

 

時間がない時は、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて蒸しタオルがオススメです。

むくんだ朝のメイク!【このカラーはNGです】

さて、メイク編です。
まぶたが腫れているので、アイシャドーに気を使うでしょう。

 

ピンクやオレンジ系は、腫れぼったく見える色です。
絶対避けるべきカラーです。

 

ブルーやグリーン系のアイシャドーを使用して、
ホワイト系を目の下にハイライトで入れると目立ちにくくなります。

 

さらに、マスカラやアイライナーを入れると目元がパッチリしますよ。

 

ベースメイクやチークは、パール系を使用するのではなく、
マット系が鉄則!

 

パール系は、膨張性があるため、さらにむくんで見えるのです。

 

ベースメイクやチークは、マット系を使ってくださいね。

 

アンチエイジング化粧品