冬の大敵!ブーツでふくらはぎがパンパン【むくみ対策】

朝は、スッとブーツのファスナーを上げれていたのに、
夕方になると「ブーツが脱げない」又は「ブーツが履けない」ということはありませんか。

 

冬のおしゃれアイテムのブーツ。

 

かわいいからブーツを履きたいのですが、パンプスをよりもむくみを感じませんか。
ブーツは足首を固定して、ロングブーツならふくらはぎまで固定されます。

 

固定されてしまうと、そうなんです!
血流やリンパの流れが悪くなってしまってむくんでしまうのです。

 

特に同じ姿勢のデスクワークの方などは危険性大です。
仕事の合間にむくみ対策をしましょう。対策は、とっても簡単!

 

つま先の上げ下げやかかとの上げ下げ。上司に見られることなく出来ちゃいますよ。

 

家に帰ったら、入浴中にマッサージもお忘れなく!

 

さらに、ゴルフボールで足の裏をごろごろ。
最初は、くすぐったいような気がしますが、慣れてくるとやみつきになります。

 

痛いところを重点的に、転がせばOK!痛気持ちいいですよ。
ただ、食後1時間と無理に力を加えないように気を付けてくださいね。

 

そして、毎日ブーツを履いてしまわず、休めてあげることも大切!

 

朝は、寒くて防寒のためにブーツを履いてしまいがちですが、
反対に血流が悪くなってしまうのです。

 

ブーツを履かない日は、パンツスーツなどで足元の寒さ対策をしましょう。