むくみを取るテッパン!お風呂でケア<次の日が違います>

残業続きで帰りが22時になってしまうと・・・。
湯船に浸かるのが面倒なんですよね。

 

そのままベッドにバタンキューしたい!と思ってしまうんですよね。
それでは、血行が悪いまま。

 

大変だけど湯船にしっかり浸かってマッサージしましょう。

お風呂でマッサージ<覚えやすい方法>

お湯は、熱すぎず冷たすぎずの40度前後がお勧めです。
入浴中のオーソドックスなマッサージ方法を伝授します。

 

足首からふくらはぎの部分を下から上に向かって手で滑らせます
膝を立ててやるとやりやすいです。

 

力は、どのくらいかと言いますとイタ気持ちいい位。

 

この力加減は、難しいんですけどね。
力を入れすぎてしまうと違和感を感じてしまうのでお気をつけて下さい。

 

最近では、「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」の書籍が人気ですね。
鍼灸師・槙孝子さんの著書です。

 

この本を参考にしても良いですね。
その他にも足の裏や足の甲をを激するととっても効果的です。

 

これをやるかやらないかだけでも翌朝のむくみの度合いが違ってきますから。
仕事の休憩な時は、足首をぐるぐる回したりもしています。

 

体のむくみは、老廃物が溜まり血液やリンパが滞っている状態です。
マッサージをしてあげることで、めぐりの良い体につながるのです。

 

むくみをずっとそのままにしておくと蓄積されてむくみが取れにくい状態になります。

 

内側からケアをすることも大切ですが、外側からのケアも忘れないようにしましょう。

 

シャワーの方は、お風呂あがりにマッサージしましょう。